電気自動車と電池は明日を拓く

These search terms have been highlighted:寿命

Return to 寿命
  • SCiB (1062d) [ 東芝の二次電池「SCiB」、電動自転車用バッテリーに採用 ]
    東芝の新型二次電池。優れた安全性と長寿命、急速充放電等の特性を兼ね備えているとしている。SCiBは、Super Charge ion Batt...部品大手のシマノへ、電動アシスト自転車用コンポーネントのバッテリーシステムとして供給する。SCiBの長寿命性能と、急速充電性能が評価された。急速充電性能は、回生充電機能の向上につながる。...によって熱暴走を起こしにくい構造にして安全性を高めた。充放電6000回以上の長寿命、5分での急速充電、高出力、氷点下30℃でも動作することなどが特長だ。 東芝はSC...
  • エリーパワー​/old (1062d) [ 経済産業省、エリーパワー(株)から提出された「資源制約対応製品生産設備導入計画」を認定 ]
    ...能は連続150A(-20~60℃)、充電性能は30 分で80%以上の充電率、寿命性能は20℃の温度条件の下、3500サイクル後もしくは10 年後に初期容量の70...困難であることを明らかとした。それをもとに、三元系リチウム酸化物に熱安定性及び寿命特性に優れたマンガン酸リチウムを混合させる手法を考案し、最適な重量比を見極めるた...優れることを明らかとした。その結果、高エネルギー密度と高出力密度を兼ね、かつ、寿命特性に優れたセルの基本構成を見出した。 一方で、標準仕様で策定した50Ah セルは...
  • キャパシタ (1062d) [ 電気二重層キャパシタの概要 ]
    ...サーの別名。電気二重層という現象で化学反応を使わずに電気をそのままためるので寿命が長い。大電力を一気に放出し、充電も短時間で可能。半面、エネルギー密度はリチウム...シタは、原理的に電気化学反応を使用しないため、充放電への応答が速く、無保守、長寿命である。単位重量あたりのエネルギー密度は低いが、優れた出力特性を有する。 関連す...機 キャパシタ搭載の瞬停装置を2007年10月に発売。 室温30度で30年の長寿命が特長で、初年度20台の販売を目指す。 キャパシタ単体も、電装化が進む自動車のバッ...
  • ギガセル (1062d) [ 川崎重工業のニッケル水素電池。「大容量・新型ニッケル水素」としている。 ]
    ...出力平滑化用の「ギガセル」スタック。 新型電池の開発|研究開発|大容量・新型ニッケル水素電池「ギガセル®」 特徴として以下を謳っている。 制御弁式の密閉形で、メンテナンスフリー 低内部抵抗で、高速充放電対応 効率冷却(放熱設計を工夫?)で、長寿命 上記の「ギガセル」スタックの仕様は以下。 セル積層数:10個 定格容量: 200Ah 定格電圧: 12V サイズ: L690mm×W270mm×H340mm 重量: 120kg 上記からエネルギー密度を算出すると、37.9Wh/L、20Wh/kg。
  • ゼブラ電池 (1062d) [ Zebra battery ]
    ...トリウム金属およびナトリウムAl-Cr合金の両方に対し非常に安定している。大型の電池で1500サイクル以上、5年以上の寿命が実証されている。また、10ないし20セルのモジュールで3000サイクル、8年以上の寿命が実証されている。ゼブラ電池駆動の自動車は200万kmを走行した。 ゼブラ電池の材料はニッケル水素電池やリチウムイオン電池と比べると、高価でまたかなり重いが、ハイレート、高温環境でも、20%充電レベル以下までの深い放電サイクルに対し非常に強い。しかし、この電池は保温が必要であり、長い走行...
  • ニチコン (1062d) [ ニチコン株式会社 | What's New | 「太陽光発電及び系統電力連結型蓄電バンク付き電気自動車用 急速・普通充電併用器」 ]
    ...特性劣化が極めて少ないという特長を有しており、急峻な充放電を電気二重層コンデンサが行うことによりリチウムイオン電池の長寿命化にも貢献します。 当社は、本社ビル屋上に自社製電気二重層コンデンサ“EVerCAP”を用いた蓄電型太陽光発電システムを設...、特性劣化が極めて少ないという特長を有しており、急峻な充放電を電気二重層コンデンサが行うことによりリチウムイオン電池の長寿命化にも貢献します。 当社は、本社ビル屋上に電気二重層コンデンサを用いた蓄電型太陽光発電システムを設置し、また、風力発電の大き...
  • リチウム・マンガン系複合酸化物 (1062d) [ リチウムマンガンスピネル ]
    ...願されたスピネル化合物を用いた正極(特公平4-30146:サウス アフリカンインベンションズ(南アフリカ))の提案は、サイクル特性を有するリチウム・マンガン複合酸化物もカバーしており基本的な特許である。 その後、90年代に提案された、サイクル寿命を伸ばすための改善技術は、次の3種に分けられる。すなわち、スピネル構造のLiMn2O4に第三元素を含有させるもの(特開平4-233161:バルタ バッテリー(ドイツ)、特開平7-254403:ソニー)、典型的なスピネル構造ではないもの(特表平8-509...
  • 三菱自動車工業 (1062d) [ 電気自動車「iMiEV」が郵便事業に試行配備 ]
    ...性能の向上を目指す試験や、ナンバーを取得して公道上で走行試験を実施するなど、様々なテストの実施を検討。 後輪の左右に出力20kWのモータ リッセル製のリチウムイオン二次電池(325V) TDK、ナユタが出資 約10分で充電可能 充放電サイクル寿命や約1000回を見込む 2010年に軽自動車での実用化を計画 2006年中に公道試験を開始
  • 三菱重工業 (1062d) [ 電池リサイクルシステムの開発 ]
    ...5号 290頁 小型店舗や事務所,住宅などの小規模電力ユーザ向けに,高容量長寿命リチウムイオン電池を用いた高効率24kWh級電力貯蔵システムを開発した.本機は,エネルギー密度160Wh/kg,予想寿命3500サイクル以上の特性を有する270Wh単電池88セルと,電池保護回路,3kWインバータから構成され...いて系統連系を円滑化することが望ましい.九州電力(株)と当社で開発中の大型リチウム二次電池は,大容量で長寿命という特長がある.そこで,実際のウインドファームの出力を計測し,この大型リチウム...
  • 二次電池による社会システム・イノベーション (1062d) [ 発足時に予定されている研究テーマ ]
    ...度を明らかにする。 電池ライフの評価手法の開発(堀江・田中・武市) 電池が長寿命化するならば、EV利用の後も、一般利用に長期的に供し得ると考えられ、例えば電力平...向けた一つの前提は、電池の経済的価値を常に正確に把握できることであって、①電池寿命予測と共に、②標準寿命計測法を確立し、③日々の電池状態収集システムの構築(インターネット、ワイヤレスシステム、フラッシュメモリ他)、④透明性の高い個々の電池データ保存/管理の確立が必須であり、基本的な概念設計を行う。 宅配専用車のEV(電気自動車)化...
  • 劣化診断 (1062d) [ 破壊的手法 ]
    ...ん傷んできて、期待しているだけのエネルギーをためることができなくなる。ただし、電池は中身が見えないので、どれくらい傷んでいて、あとどれくらい使えるのかがわからない。そこで、いろいろな方法で、劣化の具合を判定して、あとどれくらいつかえるのか、余寿命を診断する技術が開発されている。 破壊的手法 各種機器分析 非破壊的手法 電気化学的インピーダンス測定 熱量測定 音響測定(Acoustic emisssion)
  • 日本ガイシ (1062d) [ UAEアブダビでNAS電池システム300MWを受注 ]
    ...周波数を安定化することが必要になる。そのため,その解決策として蓄電池が注目されているという。 NAS電池は負極にナトリウム,正極に硫黄,電解質にセラミックのアルミナ系材料を使う2次電池で,体積当たりのエネルギー密度が鉛蓄電池の3倍程度と高く,寿命が15年程度と長いことから,風力発電などの長時間変動を吸収する用途への適用が活発化している。 日本ガイシによれば,国内外に既に200カ所(270MW分)のNAS電池を納入した実績があるという。国内では,NEDOと北海道電力による「稚内メガソーラープロジ...
  • 東芝 (1062d) [ 新型二次電池「SCiB」の本格量産に向け新工場建設を発表 ]
    ...。 SCiBは,高い安全性と,一日一回充放電を行っても10年以上使用可能な長寿命性能,わずか5分間で容量の90%以上の充電が可能な急速充電性能を備えている。 ま...業用途の需要拡大が期待できる2010年秋を目処に量産を開始する計画。 東芝、長寿命・急速充電「SCiB」生産の移行を検討-佐久市から柏崎市へ 東芝、長寿命・急速充電「SCiB」生産の移行を検討-佐久市から柏崎市へ | 企業ニュース - 財経新聞 東芝は24日、新型二次電池「SCiB」の将来の需要拡大を見据え、本格的な生産に向けた第...
  • 東芝​/old (1062d) [ 新型二次電池「SCiB」の本格量産に向け新工場建設を発表 ]
    ...。 SCiBは,高い安全性と,一日一回充放電を行っても10年以上使用可能な長寿命性能,わずか5分間で容量の90%以上の充電が可能な急速充電性能を備えている。 ま...業用途の需要拡大が期待できる2010年秋を目処に量産を開始する計画。 東芝、長寿命・急速充電「SCiB」生産の移行を検討-佐久市から柏崎市へ 東芝、長寿命・急速充電「SCiB」生産の移行を検討-佐久市から柏崎市へ | 企業ニュース - 財経新聞 東芝は24日、新型二次電池「SCiB」の将来の需要拡大を見据え、本格的な生産に向けた第...
  • 直井勝彦 (1062d) [ 東京農工大学大学院教授(応用化学専攻)。 ]
    ...ケミコン基礎研究センター長の内秀則客員教授が共同で指導に当たる。  キャパシタは、電気を蓄えるコンデンサーの一種で、2つの電極にプラスとマイナスの静電気を蓄えて安定化させ、大電流の放電と蓄電を瞬間的に行える蓄電装置。充放電が瞬時にできるうえ、寿命が長く劣化しにくいのが特徴で、携帯電話やデジタルカメラ、ハイブリッド自動車、や宇宙ステーションなどまで次世代畜電池として幅広い用途が期待されている。  講座は、産学が連携して、キャパシタの基礎研究から応用、研究開発、人材育成を目指すもので、直井研究室と...
  • 電気自動車​/FAQ (1062d) [ FAQに含んでおきたいこと ]
    ...recent 100 comments. Go to the comment page. リチウム資源は大丈夫なのか? 定置用蓄電システムはどこに置くのか? リン酸鉄は正極材料として有望か? リチウムイオン電池の熱暴走はどうして起こるのか? 寿命評価はどれくらいの期間試験すれば可能なのか? プラグインハイブリッド電気自動車の燃費はどうやって算出されるのか? 経済産業省が進めている「EV・pHVタウン構想」とはどのようなモデル事業か? 理想のエコカーである電気自動車。普及はどのような状況なのだろ...
  • 電気自動車​/FAQ​/コメント (1062d) [ リチウム資源は大丈夫なのか? ]
    リチウム資源は大丈夫なのか? 定置用蓄電システムはどこに置くのか? リン酸鉄は正極材料として有望か? リチウムイオン電池の熱暴走はどうして起こるのか? 寿命評価はどれくらいの期間試験すれば可能なのか? プラグインハイブリッド電気自動車の燃費はどうやって算出されるのか? 経済産業省が進めている「EV・pHVタウン構想」とはどのようなモデル事業か? 理想のエコカーである電気自動車。普及はどのような状況なのだろうか? 電気自動車とは何か? 電気自動車の基本構造はどんなものか? 電気自動車はどうやって充電す...

Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 600, today: 1, yesterday: 0