電気自動車と電池は明日を拓く

These search terms have been highlighted:経済産業省

Return to 経済産業省
  • SCiB (506d) [ 東芝の二次電池「SCiB」、電動自転車用バッテリーに採用 ]
    ...円の市場規模が見込まれます。このような中で、第二拠点として、新たに量産工場を建設することで、今後の産業用途や車載用途の需要急増にタイムリーに対応できる体制を整えるとともに、将来のSCiBの速やかな量産規模の拡大に備えます。 新潟県では、経済産業省が推進する「EV・pHVタウン構想」*1に柏崎・刈羽地域をモデル地域の一つとして応募しており、低炭素社会実現・関連産業の創出を目指して電気自動車に係わる取り組みを展開しております。今回の候補地検討にあたっては、将来的に車載用途向けへの採用も目指すSCi...
  • アンシラリーサービス (506d) [ 参考サイト ]
    ...中部電力:明示している資料は不明 電力自由化について 沖縄電力:明示している資料は不明 電力自由化の概要 問題点 経済産業省が実際の問題点を公表しています(電気の取引に関する相談・紛争事例集の公表について−電気の取引に関する相談・紛争事例集の公表について−報道発表−経済産業省)。アンシラリーサービス料金の二重取りの問題も紛争になっているようです。 <1>アンシラリーサービス料の二重取り 電力各社とも、アンシラリーサービス料の徴収について、アンシラリーサービス料は系統連系される発電設備の出力の合...
  • インフラ整備検討ワーキンググループ (506d) [ 次世代電気自動車普及へ、安全基準・インフラなど環境整備−経産省がWG、7月にも報告書 - 投資逍遥 - 楽天ブログ(Blog) ]
    次世代電気自動車普及へ、安全基準・インフラなど環境整備−経産省がWG、7月にも報告書 - 投資逍遥 - 楽天ブログ(Blog) 経済産業省はリチウムイオン電池を中核とした次世代電気自動車の普及を促すため、電池の安全規格・基準の策定や充電スタンドなどのインフラ整備に乗り出す。次世代自動車用電池のあり方を検討していた研究会の下に専門ワーキンググループを設置。WGでは規格・基準やインフラ整備に向けた大枠を固め、7月までに報告書をまとめる。リチウムイオン電池を搭載した次世代電気自動車は2010年前後に開発さ...
  • エネルギー消費統計 (506d) [ 経済産業省が2007年度をめどに整備を計画。 ]
    経済産業省が2007年度をめどに整備を計画。 CO2排出量計算の基礎、エネルギー消費統計を整備へ  経済産業省・資源エネルギー庁は28日、二酸化炭素(CO2)排出量を計算する基礎となる「エネルギー消費統計(仮称)」を2007年にも整備するため、オフィス、飲食・小売店、学校、病院など全国44万の事業所を対象にした異例の大規模調査を実施することを明らかにした。  08年からは、京都議定書により温室効果ガスの削減量のカウントが始まるため、経産省はエネルギーの消費構造を正確に把握する必要があると判断した。事...
  • エリーパワー​/old (506d) [ 経済産業省、エリーパワー(株)から提出された「資源制約対応製品生産設備導入計画」を認定 ]
    ...ージャーを歴任、宇宙用リチウムイオンバッテリプロジェクト部長を経て現在 経済産業省、エリーパワー(株)から提出された「資源制約対応製品生産設備導入計画」を認定 川崎市川崎区水江町に新規に設置する工場建設に対して、補助金を受けるようです。 経済産業省、エリーパワー(株)から提出された「資源制約対応製品生産設備導入計画」を認定 ...る特別措置法に基づく資源制約対応製品生産設備導入計画の認定について(METI/経済産業省経済産業省は、エリーパワー(株)から提出された「資源制約対応製品生産設備導...
  • トピックストップ (506d) [ 主要なページ ]
    ...北海道電力 / 東北電力 / 北陸電力 / 中国電力 / 四国電力 / 九州電力 / 沖縄電力その他ベター・プレイス / 首都高速道路 / パーク24 / 出光興産 / 昭和シェル石油 / 新日本石油行政国内国土交通省 / 環境省 / 経済産業省 / 東京都 / 神奈川県海外米国 / 英国 / フランス / スイス / 中国 / 韓国普及団体急速充電器インフラ推進協議会 / 次世代自動車振興センター研究機関・シンクタンク日本自動車研究所 / 電力中央研究所 / 産業技術総合研究所 / 三菱総合...
  • ノートパソコン用リチウムイオン電池安全確保WG (506d) [ 1.趣旨・目的 ]
    ...電池パックに用いられるリチウムイオン電池から発火する等の不具合が発生し、経済産業省としては、関係メーカー等に対して、消費生活用製品安全法に基づき、事故原因及び...類保安分科会液化石油ガス部会合同会議(第1回)  議事要旨−審議会・研究会−経済産業省(METI/経済産業省
  • プラグインハイブリッド自動車 (506d) [ 電池性能評価試験 ]
    ...イン・ハイブリッド自動車とE85 エンジンの高効率化を支援 『プラグインハイブリッド車に関する動向調査』 プラグインハイブリッド自動車 の最新ニュース - フレッシュアイニュース ユニバーサル通信:プラグインハイブリッド車に関する情報 経済産業省で委託調査の公募中 プラグインハイブリッド車に関する動向調査の委託先公募について http://www.meti.go.jp/information/data/c51101bj.html http://blog.livedoor.jp/muchann/...
  • メリットオーダー (506d) [ メリットオーダー - 日経テクノロジーオンライン ]
    ...高い重油火力を廃止することができるかも知れない。 現在、卸電力取引所を通じた全国的な電力取引など、広域メリットオーダーを追求する動きが増えつつあるが、発電所利用のさらなる効率化のためには、もっと卸電力取引市場が活性になるべきという見解が経済産業省や電力システム改革専門委員から出されている。このような動きに加え、今後は電力会社の発電所だけではなく、自家用のコージェネ発電やネガワットなど、多彩なプレイヤがメリットオーダーに組み込まれていくことにも期待したい。
  • リチウム二次電池の安全性 (506d) [ 「安全性」に関するブックマーク ]
    ...ct 2007   リチウムイオン電池を使用の際に守るべきこと リチウムイオン電池についてのお願い:リチウムイオン電池をご使用の際は次のことを必ず守ってください|社団法人電池工業会 Mon 5 Feb 2007   経済産業省が電気自動車の安全基準策定の方針 次世代自動車の電池研究会の下に作業部会を設置 安全性について国が統一的な基準を定める 発火、発熱が起きる条件 耐久性のある適切な構造 衝突安全性の基準、など 電気自動車の安全基準を、リチウムイオン電池重点に : 経済ニ...
  • リチウム二次電池の安全性​/2007-02-05 (506d) [ 経済産業省が電気自動車の安全基準策定の方針 ]
    経済産業省が電気自動車の安全基準策定の方針 次世代自動車の電池研究会の下に作業部会を設置 安全性について国が統一的な基準を定める 発火、発熱が起きる条件 耐久性のある適切な構造 衝突安全性の基準、など 電気自動車の安全基準を、リチウムイオン電池重点に : 経済ニュース : 経済・マネー : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 新世代自動車の基礎となる次世代電池技術に関する研究会 第1回インフラ整備検討ワーキンググループ
  • 一般社団法人新エネルギー導入促進協議会 (506d) [ Tag: 注目 ]
    Tag: 注目 経済産業省の各種補助事業等の窓口になっている。代表理事は柏木孝夫氏(国立大学法人東京工業大学 ソリューション研究機構 先進エネルギー国際研究センター センター長・特命教授)。 一般社団法人 新エネルギー導入促進協議会 目的 本協議会は、新エネルギー等(太陽エネルギー、風力、水力、地熱等の再生可能エネルギー及び燃料電池等のエネルギーの新たな利用システムをいう。)の導入普及に関する業務を行う社員間の密接な連携により、新エネルギー等の導入普及の一層の促進を図ることを目的とする。 主な事業 ...
  • 低炭素電力供給システムに関する研究会 (506d) [ 第1回 ]
    経済産業省資源エネルギー庁の研究会。太陽光発電等の再生可能エネルギーや原子力などの「ゼロ・エミッション電源」の比率を50%以上...する(座長:東京大学教授・山地憲治氏)。 第1回 「低炭素電力供給システムに関する研究会」の開催について(METI/経済産業省) 低炭素電力供給システムに関する研究会(第1回)-議事要旨(METI/経済産業省) 低炭素電力供給システムに関する研究会(第1回)-配付資料(METI/経済産業省) 第2回 第2回低炭素電力供給システムに関する研究会-開催通知(METI/経済産...
  • 大阪EVアクションプログラム (506d) [ 大阪において電気自動車(EV)のためのインフラ・社会システム整備や先進的モデル事業を行うことにより、内外のEVと太陽光発電の普及を促進し、低炭素社会の構築を図るとともに、将来的にEVや新エネルギー関連産業の集積を促すことを目的とし、大阪府が2009年6月発表。 ]
    大阪において電気自動車(EV)のためのインフラ・社会システム整備や先進的モデル事業を行うことにより、内外のEVと太陽光発電の普及を促進し、低炭素社会の構築を図るとともに、将来的にEVや新エネルギー関連産業の集積を促すことを目的とし、大阪府が2009年6月発表。 本プログラムを推進するために、府内外の産学官が集結した「大阪EVアクション協議会」を設立。 経済産業省の「平成21年度 低炭素社会に向けた技術発掘・社会システム実証モデル事業」採択事業である「電気自動車(EV)導入・低炭素化加速実証事業」。
  • 平成21年度電気自動車普及環境整備実証事業 (506d) [ 昭和シェル石油株式会社、日産自動車株式会社 ]
    ...、日本電気株式会社、日本ユニシス株式会社 新日石・NEC・日本ユニシス、経済産業省「平成21年度 電気自動車普及環境整備実証事業(ガソリンスタンド等における充...ユニシス」という。)の3社は、2009年10月から2010年3月末までの間、経済産業省・資源エネルギー庁の委託を受けて、ENEOSブランドのサービスステーション(...ービスの実証事業を行うことになりましたので、お知らせいたします。 新日石は、経済産業省「EV・pHVタウン*」の選定自治体である東京・神奈川を中心に全国22ヶ所のSS...
  • 東芝 (506d) [ 新型二次電池「SCiB」の本格量産に向け新工場建設を発表 ]
    ...応できる体制を整えるとともに、将来の「SCiB」の速やかな量産規模の拡大に備えるという。同製品は現在、キャノンデールスポーツグループの電動自転車への採用が決まっており、他の企業への提案活動を続けているという。 東芝によると、新潟県では、経済産業省が推進する「EV・pHVタウン構想」に柏崎・刈羽地域をモデル地域の一つとして応募しており、低炭素社会実現・関連産業の創出を目指して電気自動車に係わる取り組みを展開している。今回の候補地検討にあたっては、将来的に車載用途向けへの採用も目指す「SCiB」事...
  • 東芝​/old (506d) [ 新型二次電池「SCiB」の本格量産に向け新工場建設を発表 ]
    ...応できる体制を整えるとともに、将来の「SCiB」の速やかな量産規模の拡大に備えるという。同製品は現在、キャノンデールスポーツグループの電動自転車への採用が決まっており、他の企業への提案活動を続けているという。 東芝によると、新潟県では、経済産業省が推進する「EV・pHVタウン構想」に柏崎・刈羽地域をモデル地域の一つとして応募しており、低炭素社会実現・関連産業の創出を目指して電気自動車に係わる取り組みを展開している。今回の候補地検討にあたっては、将来的に車載用途向けへの採用も目指す「SCiB」事...
  • 柏木孝夫 (506d) [ 略歴 ]
    ...省NBS招聘研究員(80〜81年)、東京工業大学工学部助教授(83〜88年)を経て、1988年東京農工大学工学部教授 1992年名古屋大学非常勤講師、1996年九州大学教授を併任 2000年東京農工大学大学院教授、2007年より現職。 経済産業省の総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会長、燃料電池評価・助言会議議長のほか、エネルギー関連の各種審議会の主要メンバーとして活躍。 (社)日本機械学会副会長理事、2001年にフェローの称号を授与される。 また、その革新的な研究は日本機械学会、日本冷凍...
  • 次世代自動車戦略研究会 (506d) [ 趣旨 ]
    経済産業省の研究会。2009年11月4日設置。 次世代自動車戦略研究会について(METI/経済産業省) 第1回次世代自動車戦略研究会自動車全体戦略WG-開催通知(METI/経済産業省) 趣旨 昨今の資源制約及び地球温暖化問題に対する関心の高まり、先進国市場の多様化や途上市場の拡大といった状況変化を受けて、電気自動車など次世代自動車を巡る国際競争は激化。このため、電気自動車などの次世代自動車の普及に向け、研究開発、充電インフラの整備等に関する諸課題を洗い出し、自動車関連産業及び社会全体の短期及び中長期...
  • 次世代自動車振興センター (506d) [ 2007年2月19日に財団法人日本自動車研究所から独立し、経済産業省からの委託を受けて次世代自動車の購入者に補助金を交付する団体として活動を開始。運輸部門の石油依存度の低減や二酸化炭素排出量の削減を目的とし、電気自動車および充電設備、ハイブリッド自動車、クリーンディーゼル自動車の普及促進を図ることを主たる事業とする。 ]
    2007年2月19日に財団法人日本自動車研究所から独立し、経済産業省からの委託を受けて次世代自動車の購入者に補助金を交付する団体として活動を開始。運輸部門の石油依存度の低減や二酸化炭素排出量の削減を目的とし、電気自動車および充電設備、ハイブリッド自動車、クリーンディーゼル自動車の普及促進を図ることを主たる事業とする。 2009年4月1日に有限責任中間法人 電動車両普及センターは、一般社団法人 次世代自動車振興センターに社名を変更。 一般社団法人 次世代自動車振興センター 近年の地球温暖化問題にはじま...
  • 次世代送配電ネットワーク研究会 (506d) [ メンバ ]
    経済産業省電力基盤整備課が設立した研究会。非公開。 第1回次世代送配電ネットワーク研究会-開催通知(METI/経済産業省) 次世代送配電ネットワーク研究会(第1回)-議事要旨(METI/経済産業省) 次世代送配電ネットワーク研究会(第2回)-議事要旨(METI/経済産業省) 次世代送配電ネットワーク研究会(第3回)-議事要旨(METI/経済産業省) メンバ 赤木泰文東京工業大学大学院理工学研究科電気電子工学専攻教授秋庭悦子社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会常任理事伊藤敏憲UBS証券...
  • 次世代SSの在り方に関する研究会 (506d) [ 経済産業省資源エネルギー庁石油流通課が開催。燃料需要の減少等のSS(ガソリンスタンド)を巡る経営環境の変化、次世代自動車、新エネ・省エネの普及の必要性の観点から、次世代のSSの展開の在り方及びそれに係るビジネス上、制度上の課題の検討のために、3回にわたり開催し、論点を整理。 ]
    経済産業省資源エネルギー庁石油流通課が開催。燃料需要の減少等のSS(ガソリンスタンド)を巡る経営環境の変化、次世代自動車、新エネ・省エネの普及の必要性の観点から、次世代のSSの展開の在り方及びそれに係るビジネス上、制度上の課題の検討のために、3回にわたり開催し、論点を整理。 ただし、意見集約を目的とせず、メンバーの知見をもとに、ブレインストーミング、アイデア・意見の自由な交換を行い、課題の抽出・検討を行ったもの。 「次世代SSの在り方に関する研究会」論点整理について
  • 消費生活用製品安全法 (506d) [ 関連する書籍 ]
    ...る一般消費者の生命又は身体に対する危害の発生の防止を図るため、特定製品の製造及び販売を規制するとともに、消費生活用製品の安全性の確保につき民間事業者の自主的な活動を促進し、もつて一般消費者の利益を保護することを目的として制定された法律。経済産業省の所管。 消費生活用製品安全法PSCマーク制度のページ 製品事故情報報告・公表制度に係る消費生活用製品安全法及び関連法令改正について くらしの安全情報サイト|消費生活用製品安全法 消費生活用製品安全法 - Wikipedia 関連する書籍 HTTP E...
  • 消費経済審議会 (506d) [ リチウム二次電池 ]
    経済産業省の審議会のひとつ。割賦販売法、特定商取引に関する法律、家庭用品品質表示法及び消費生活用製品安全法の規定によりその権限に属せられた事項を処理する。 消費経済審議会-審議会-経済産業省 消費経済審議会-審議会・研究会(METI/経済産業省) リチウム二次電池 産業構造審議会消費経済部会製品安全小委員会、消費経済審議会製品安全部会合同会議  配付資料-配付資料(METI/経済産業省) 資料13 リチウムイオン蓄電池の規制対象化について(PDF形式:36KB) 製品安全課の資料。 2.規制対象(施...
  • 渡邊宏 (506d) [ 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)理事。 ]
    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)理事。 1984年通商産業省(現・経済産業省)入省。以降、基盤技術研究促進センター、工業技術院産業技術融合領域研究所、NEDO企画調整部、経済産業省産業技術環境局など、技術開発部門を中心とした業務に携わる。2010年8月よりNEDOの理事として、国際事業およびスマートグリッド関連部門を担当。 略歴 S59.4 通商産業省入省 H18.7 経済産業省商務情報政策局消費経済部製品安全課長 H20.7 経済産業省製造産業局住宅産業窯業建材課長 H22.7 経済...
  • 直井勝彦 (506d) [ 東京農工大学大学院教授(応用化学専攻)。 ]
    ...究から応用、研究開発、人材育成を目指すもので、直井研究室と同社、大学発ベンチャー企業「ケー・アンド・ダブル」の3者で取り組む。受講生は、全国から募っており、夏には正式に開講する。  直井教授は「キャパシタは、国家戦略の見地から、内閣府や経済産業省の関心も高い。新分野に挑戦する、気鋭の研究者を期待している」と話している。 http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news2/20060412wm03.htm
  • 経済産業省​/審議会・研究会情報 (506d) [ 経済産業省 ]
    電気自動車や二次電池に関連する、国の審議会・研究会の開催情報をとりあえず、ここにまとめようと思います。 経済産業省 #showrss: Failed fetching RSS from the server
  • 自動車基準認証国際化ハイレベル会議 (506d) [ 電気自動車をはじめとする日本の革新的自動車技術に関連する基準の国際標準化や国際的な車両型式認証相互承認制度の構築に向けた行動計画を策定するため、国土交通省が設置。学識経験者や自動車産業界代表などで構成。 ]
    ...授らのほか、志賀俊之日本自動車工業会会長、信元久隆日本自動車部品工業会会長、中倉健二日本自動車タイヤ協会会長、池口修次国土交通副大臣らが参画する。 報道発表資料:第1回 自動車基準認証国際化ハイレベル会議の開催について - 国土交通省 経済産業省主体の標準化活動との分担が気になる。
  • 製品安全課 (506d) [ リチウム二次電池の規制 ]
    経済産業省商務流通グループ。 商務流通グループ(METI/経済産業省) 製品安全のページ(近日閉鎖予定) 製品安全ガイド リチウム二次電池の規制 電気用品安全法のページ *** リチウムイオン蓄電池の規制対象化について *** ○平成20年 6月 5日 「電気用品の範囲等の解釈について」にリチウムイオン蓄電池 関係を追加しました。リチウムイオン蓄電池の製造・輸入事業者の事業届出についてはこちら。 ○平成20年 5月14日 電気用品安全法施行規則及び電気用品の技術上の基準を定める省令を改正いたしました...
  • 規制仕分け​/電気自動車の急速充電器の設置に係る電力契約の規制 (506d) [ 概要 ]
    ...的に検討すべきか?(経済 政策、国民の利便性向上のため) EV普及に向け、他の施策も同時並行で進めるべき。 経済産業省が前向きな対応をしたことを高く評価すべき。 現時点では極めて合理的な対応。 一需要地一契約の原則については全面自由化の議論の後、あるいは並行して料金体系の合理化と合わせて将来再検討すべき。 次の課題として普通充電に関しても経済産業省で自主的に検討していただきたい。 電気事業分科会で検討するに当たっては、費用負担が本件とは無関係な一般家庭に及ばない工夫を求...
  • 遠藤健太郎 (506d) [ 関連する書籍 ]
    経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部新エネルギー等電気利用推進室長(併)燃料電池推進室長。 なお、資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部政策課長は、河本光明氏。 資源エネルギー庁(METI/経済産業省) 関連する書籍 HTTP Error: 410
  • 長期エネルギー需給見通し (506d) [ 経済産業省発表(平成20年5月21日) ]
    日本の長期的なエネルギービジョンの改訂版。 経済産業省発表(平成20年5月21日) 資源エネルギー庁 トピックス 長期エネルギー需給見通しについて-エネルギー起源CO2排出量の見通し- 1.検討の背景 2007年4月より総合資源エネルギー調査会需給部会にて、エネルギーの安定供給及び温暖化問題への対応といった政策課題を踏まえ、2030年までの我が国のエネルギー需給とエネルギー起源CO2排出量について、審議を重ね、2008年5月21日に総合資源エネルギー調査会需給部会の答申があった。 2.「長期エネルギ...
  • 電力システム改革タスクフォース (506d) [ 「電力システム改革に関するタスクフォース」の設置について(METI/経済産業省) ]
    「電力システム改革に関するタスクフォース」の設置について(METI/経済産業省) 電力システム改革に関する論点の整理を目的として、経済産業省に「電力システム改革に関するタスクフォース」を設置。2011年11月以降、有識者との意見交換を精力的に実施し、年内を目処に論点整理を行うとしていた。 電力システム改革タスクフォース 電力システム改革タスクフォース「論点整理」(METI/経済産業省) 八田 達夫 大阪大学招聘教授 松村敏弘 東京大学社会科学研究所 教授 小笠原潤一 日本エネルギー経済研究所 研究主...
  • 電動車いす (506d) [ 参考になるサイト ]
    ...携推進会議福祉技術部会 (財)自転車産業振興協会技術研究所 (財)自転車産業振興協会 <電動車椅子>経産省が販売規制へ 事故多発し規格統一求め(毎日新聞) - Yahoo!ニュース 高齢者らが使う電動車椅子の事故が相次いでいることから、経済産業省は消費生活用製品安全法(消安法)の政令を改正して、ハンドル型の電動車椅子の販売を規制する方針を固めた。メーカー間で異なる操作方法や仕様を統一する技術基準を作り、適合しないと販売できないようにする。 経産省や独立行政法人「製品評価技術基盤機構」によると、...
  • 電気自動車​/FAQ (506d) [ FAQに含んでおきたいこと ]
    ...用蓄電システムはどこに置くのか? リン酸鉄は正極材料として有望か? リチウムイオン電池の熱暴走はどうして起こるのか? 寿命評価はどれくらいの期間試験すれば可能なのか? プラグインハイブリッド電気自動車の燃費はどうやって算出されるのか? 経済産業省が進めている「EV・pHVタウン構想」とはどのようなモデル事業か? 理想のエコカーである電気自動車。普及はどのような状況なのだろうか? 電気自動車とは何か? 電気自動車の基本構造はどんなものか? 電気自動車はどうやって充電するのか? 電気自動車の性能は...
  • 電気自動車​/FAQ​/コメント (506d) [ リチウム資源は大丈夫なのか? ]
    ...用蓄電システムはどこに置くのか? リン酸鉄は正極材料として有望か? リチウムイオン電池の熱暴走はどうして起こるのか? 寿命評価はどれくらいの期間試験すれば可能なのか? プラグインハイブリッド電気自動車の燃費はどうやって算出されるのか? 経済産業省が進めている「EV・pHVタウン構想」とはどのようなモデル事業か? 理想のエコカーである電気自動車。普及はどのような状況なのだろうか? 電気自動車とは何か? 電気自動車の基本構造はどんなものか? 電気自動車はどうやって充電するのか? 電気自動車の性能は...
  • 電気自動車​/普及に取り組む行政 (506d) [ 補助金 ]
    ...たばかりの電気自動車(EV)が、普及に向けて早くも試練を迎えそうだ。走行時に二酸化炭素を出さないエコカーとして注目が高まっているが、販売台数の増加で10年度から1台当たりの国の購入補助額が減り、実質「値上げ」になる可能性があるためだ。 経済産業省は15日に提出した10年度予算の概算要求で、エンジン車より高額なEVと、家庭電源で充電してモーターとガソリンエンジンで走るプラグインハイブリッド車(PHV)対象の購入補助金として86億円を盛り込んだ。 09年度予算(21億3千万円)の約4倍で、同省自動...
  • 電気自動車リンク​/政府・行政機関など (506d) [ 日本 ]
    日本 経済産業省 電気自動車、二次電池関連の実用化技術の研究開発を支援している。大学、研究機関への補助金も多く文部科学省との棲み分けはあいまい。 文部科学省 電気自動車、二次電池に關わる学術的、先端的な研究開発を分担しているはず。旧科学技術庁の業務は継承している。 環境省 環境政策として電気自動車の普及施策を実施。経済産業省と重複も多い。 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 日本の産業技術とエネルギー・環境技術及びその普及を推進する日本最大規模の中核的な研究実施を担う機関。独立行政法人。...
  • Cool Earth―エネルギー革新技術計画 (506d) [ 概要 ]
    ...理イニシアティブ『美しい星へのいざない「Invitation to Cool Earth 50」』(平成19年5月24日発表)における「世界全体の温室効果ガス排出 量を現状に比して2050年までに半減する」という長期目標の実現に向け、 経済産業省では、その中核となる革新的エネルギー技術開発を加速・推進す るための検討に着手 具体的には、CO2の大幅削減に向けて重点的に取り組むべき革新的なエ ネルギー技術開発の内容や国際連携のあり方について検討を行い、来年の洞 爺湖サミットに向けて「Cool E...
  • NECエナジーデバイス (506d) [ 大容量ラミネートリチウムイオン二次電池事業。 ]
    ...お、自動車用高性能リチウムイオン二次電池の電極製造および電力貯蔵用定置型リチウムオン二次電池製造は、「インベスト神奈川」(神奈川県)、「産業集積促進条例(STEP50)」(相模原市)、および「低炭素型雇用創出産業立地推進事業費補助金」(経済産業省)の採択事業です。

Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 64, today: 1, yesterday: 0